サッカー

グラニト・ジャカのプレースタイルを解説!推定年俸やスパイクも!

プレミアリーグの強豪チームであるアーセナルに所属し、スイス代表にも選出されているグラニト・ジャカ。

中盤の選手ですが、攻守にわたり大活躍をしている選手です。

この記事では、ジャカのプレースタイルや年俸推移などについて紹介していきます。

ジャカのプロフィール

引用:https://f.image.geki.jp/data/image/news/2560/339000/338041/news_338041_1.jpg

 

名前 グラニト・ジャカ
生年月日 1992年9月27日(30歳)
出身地 バーゼル
ポジション ミッドフィルダー・ディフェンダー
所属チーム アーセナル

主な成績・経歴

ジャカの経歴について書いていきます。

年代 経歴
2010年 FCバーゼルのトップチームに昇格
2011年 スイス代表デビューを果たす
2012年 ボルシア・メンヒェングラートバッハに移籍
2016年 アーセナルに移籍
2022年 FIFAワールドカップのスイス代表メンバーに選出

ジャカのプレースタイル

ジャカは、どのようなプレーをする選手なのでしょうか。

ジャカのプレースタイルは

  • 強力なシュート
  • 高精度なフィード
  • 守備力

です。

それぞれ書いていきます。

強力なシュート

ジャカは、中盤の選手ではあるのですが、積極的に遠目からゴールを狙う事ができる選手です。

ジャカのシュートはとても強力で枠内に入ってしまえば、ゴールが決まる可能性が高いです。

相手としては、シュートを警戒してしまうのですが、シュートを警戒しすぎてしまうとパスをされてしまうので、なかなか対応が難しいと思います。

ジャカのミドルシュートの動画がこちらです。

高精度なフィード

ジャカは、シュートだけでなく、ロングパスも正確に行うことができます。

ロングパスが正確にできるということは、ピッチを広く使えるということになるので、攻撃の幅が広がります。

中盤から一気にロングパスを送って得点につながることもあるので、ジャカのパスは要注意しなければいけません。

また、フリーキックやコーナーキックなどのセットプレーも得意としているので、チームとしては欠かすことのできない選手だと思います。

守備力

ジャカは、ゴールを決めることもあるのですが、守備的なポジションを主戦場としている選手です。

守備自体はとても上手い選手なのですが、プレーがやや荒いためイエローカードをもらったり、レッドカードを受けれ退場してしまうこともたびたびあります。

カードを貰うことがたまに傷ですが、その分ピンチを防いでくれているので、そこまで評価が悪くなっていません。

しかし、カードを貰わないクリーンな守備をしてもらいたいですね。

ジャカの年俸推移

引用:https://web.ultra-soccer.jp/image/pcimage?image_id=112367

 

ジャカの推定年俸はどのくらいなのでしょうか。

ジャカの2022年の推定年俸は、約8億1000万円となっています。

これまでの年俸の推移についても表にまとめていきます。

推定年俸
2013年 2億9000万円
2014年 2億5500万円
2015年 2億3000万円
2016年 7億3000万円
2017年 8億1000万円
2018年 8億1000万円
2019年 8億1000万円
2020年 8億1000万円
2021年 8億1000万円
2022年 8億1000万円

ジャカの使用スパイクは?

ジャカが現在使用しているスパイクは、「UNDER ARMOUR Clone Magnetico Pro FG」というものです。

UNDER ARMOURは、新たにクローンテクノロジーというものを開発し、足にフィットするのが特徴です。

クローンテクノロジーとは、伸縮の強い素材を引っ張った状態で縫製する事で足型をコピーし、足に吸い付く感覚をもたらしてくれるというものです。

また、スパイクの内部での安定性やつま先の耐久性も過去のモデルに比べて向上しています。

足のフィット感を重視している方におすすめのスパイクです。

まとめ

今回は、ジャカについて紹介してきました。

ジャカは、退場することも少なくなく、批判する人も多くいるものの素晴らしいプレーを多くしているので、高い評価も得ています。

プレーが荒くなければ間違いなく世界最高レベルの選手なので、これからは、カードを貰わないようなプレーをしてもらいたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ラウール・ヒメネスのプレースタイルを解説!推定年俸はいくら?プレミアリーグのウルヴァーハンプトンでプレーし、メキシコ代表のエースであるラウール・ヒメネス。 ヒメネスは、大活躍している選手では...