a
野球

真鍋慧(広陵)の出身中学や生い立ち!ハーフ説や両親・兄弟の家族情報も

広島の広陵高校の主砲で、プロからも注目されている真鍋慧選手。

真鍋慧選手の家族にはどのような方がいて、野球経験者はいるのでしょうか。

真鍋慧の生い立ちや家族について書いていきます。

真鍋慧の生い立ち

引用:https://cdn.mainichi.jp/vol1/2022/03/11/20220311k0000m050245000p/9.jpg?1

 

真鍋慧選手は広島県広島市で生まれ、幼少期から野球を始めます。

小学生の時には、瀬野ソフトボールクラブというソフトボールチームに所属していました。

中学校に進学すると野球部に所属できるものの、野球部には所属せず、広島安芸シニアというチームに所属していました。

中学生の時から身長が187cm、体重84kgと恵まれた体型から豪快なバッティングが注目されていました。

また、ポジションは中学時代も変わらず内野手でしたが130キロの速球を投げることができる投手としても活躍していました。

全国大会への出場経験や日本代表の経験がなかったことからそこまで知名度があったわけではありませんが、広陵高校に進学し、1年生ながらレギュラーになったことで全国的に名が知れ渡りました。

真鍋慧の家族構成

真鍋慧選手の家族は、両親と兄、真鍋慧選手の4人家族です。

真鍋慧選手は、野球で注目されていますが、家族内で野球をやっていた人がいたのでしょうか。

真鍋慧選手の家族について書いていきます。

両親

真鍋慧選手の両親の情報はありませんでした。

しかし、ここまで素晴らしい体格の子供ができたということは、父親はなんらかのスポーツ経験者なのかもしれませんね。

また、真鍋慧選手が野球を始めたきっかけが父親だったようなので、野球を経験したいた可能性もありそうですね。

母親についても情報はありませんが、野球に集中できるようにサポートしてくれたことは間違いありません。

甲子園に出場した際などに両親の情報も出てくるかもしれませんね。

真鍋慧選手の兄は、真鍋駿さんという名前で、年齢は真鍋慧選手の4歳年上の22歳で、現在は法政大学に通われているそうです。

真鍋駿さんも野球部に所属しており、三塁手をやっているようです。

身長は、180cm、体重が80kgと兄弟ともに恵まれた体型をしています。

真鍋駿さんは、広島商業高校で高校3年生のときには主将を務めており、15年ぶりに夏の甲子園に出場していました。

また、真鍋駿さんは日本学生野球協会の優秀選手に選出されています。

出身中学校

引用:https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/img/202201280000730-w500_1.jpg

 

真鍋慧選手の出身中学校は、広島市立瀬野川東中学校です。

部活動が盛んな中学校のようで、バレーボール部やバドミントン部などの運動部が好成績を収めていました。

真鍋慧はハーフ?

真鍋慧選手について調べているとハーフという噂がありました。

両親に関する情報があまりないので、断言することができませんが、ハーフだという情報が一切ないことから日本人である可能性が高いと思います。

もし、ハーフなのであれば、甲子園に出場したときなどに紹介されると思いますが、これまでされていないので、ハーフではないと思います。

まとめ

今回は、真鍋慧選手の家族について書いてきました。

真鍋慧選手の両親については、情報がありませんでした。

兄は、法政大学で野球を続けている方で、高校時代には主将として甲子園出場を果たしていました。

真鍋慧選手は、ドラフトで指名される可能性もある将来有望な選手なので、怪我に気をつけつつ頑張ってもらいたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

真鍋慧(広陵)の身長・体重や高校通算ホームラン数は?ドラフト評価や進路も!高校野球の強豪校である広陵高校の4番バッターである真鍋慧選手。 高校1年生の時からスーパー1年生と話題になっていましたが、ドラフト...